美肌というのは多くの女性が憧れるものだと思います。白くて綺麗な肌は人を惹きつける魅力があり、美白肌を得る事も維持することも非常に困難です。美白肌を目指してるあなたにぜひ知ってもらいたいのがトラネキサム酸です。美容液や化粧品にトラネキサム酸が含まれているものを選ぶだけで効果が体感できるかもしれません。これを機会に美白肌を手に入れましょう!

化粧水や保湿クリームの役割について

スキンケアのアイテムとして、化粧水や乳液、保湿クリームや美容液があります。
その中でも特に基本となるのが化粧水と保湿クリームです。

まず、化粧水はお肌にうるおいを補給するという役割があります。
洗顔後に何もしないでいると、突っ張った感覚があるかと思いますが、これは水分が蒸発してしまっているため起こる現象です。
そのままにしているとどんどん蒸発して、お肌の水分は減ってしまいます。
そこで化粧水を使って水分を補給をしてあげるのです。

なぜ普通の水ではなく化粧水で保湿をするのかというと、分子の細かさや成分が違うからです。
化粧水は普通の水と違い、分子が細かく角質層まで浸透するように作られていたり、保湿効果の高い成分が含まれていますので、肌に潤いを与える事が出来ます。
代表的な保湿成分には、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドがあげられます。
これらの成分が配合されている化粧水は、角質層まで浸透して肌をふっくらとさせる事ができます。

しかし化粧水をただ付けただけでは、また水分は蒸発してしまいます。
そこで次の行程として、保湿クリームや乳液と言った油分の含まれているアイテムを使う必要があるのです。
保湿クリームにも化粧水と同じく保湿成分が含まれていますが、それだけではなく油分も入っているため、皮脂膜を作って取り入れたうるおいを逃がさないようにしてくれる役割があります。
これはシャンプーをした後にコンディショナーでコーティングするのと同じような働きだと思ってよいでしょう。

保湿エマルジョンの中にはオイルフリーでできているタイプもありますが、基本的には油分が含まれているため、この油分によって皮脂膜をはり、バリア機能も高めていく事につながります。
スキンケアの行程では、洗顔、化粧水、乳液というのが1番シンプルな流れで、さらに美容液や保湿クリームを使うとより保湿ケアができたり、美白成分が配合されているものはそこに美白ケアも追加することが出来ます。
お肌に合わせて選んでいきましょう。

肌はなぜ乾燥するのか?

お肌が乾燥する原因として、まず体質が挙げられます。
思春期の様に脂が浮いてきやすい脂性肌だったり、そもそものお肌の性質もそれぞれ異なるため、もともと乾燥しづらい方もいます。
しかし、若い時には乾燥にくい体質だったとしても、年齢とともにセラミドやコラーゲンの減少が起こるため、保湿力も低下して乾燥肌になってしまいます。

ちなみに、表皮の部分にあるセラミドは20代から、お肌の細胞同士をつないでいるコラーゲンは30代後半頃からどんどん減少が起こります。
このセラミドやコラーゲンの減少によって、乾燥肌になりやすい状態が起こります。
水分も蒸発しやすくなりますし、年齢肌のサインとしてシワやシミなどもできやすい状態になります。
そこで乾燥肌対策としてはまず第一に保湿ケアがポイントとなってきます。

保湿成分でもあるコラーゲンやヒアルロン酸、またセラミドと言った有効成分が含まれている化粧水や保湿クリームを使ってしっかりと対策を行っていきましょう。
また、ターンオーバーという新陳代謝の働きも年齢とともに崩れやすくなります。
新しい皮膚に生まれ変わりづらくなると、どんどん古い角質が溜まり、化粧水も浸透しづらくなったりシミができやすい状態になります。
ターンオーバーの改善も実は乾燥肌への対策につながってきます。ピーリングジェルを使えばセルフケアができるでしょう。

角質層にもいきわたるような、保湿ケアを入念に行っていく事は、エステサロンにたまに通う事よりも重要だとも言われています。
最終的にはどういったケアを行うかで、お肌の状態は大きくかわってきます。
化粧水の選び方も、お肌のタイプに合わせて選んだり、口コミ評判なども参考にして探していくと良いでしょう。