美肌というのは多くの女性が憧れるものだと思います。白くて綺麗な肌は人を惹きつける魅力があり、美白肌を得る事も維持することも非常に困難です。美白肌を目指してるあなたにぜひ知ってもらいたいのがトラネキサム酸です。美容液や化粧品にトラネキサム酸が含まれているものを選ぶだけで効果が体感できるかもしれません。これを機会に美白肌を手に入れましょう!

フルオロウラシル配合のクリームでホクロを薄くする

フルオロウラシルには肝斑などを含むシミそして、ホクロを薄くするなどの効果が認められています。
また美白効果やしわの改善にも効果があると言われています。
クリームや軟膏として肌に直接塗布することで、スキンケア効果を実感できます。
これらの効果が期待できるのは、コラーゲンの生成を助ける働きがあるためです。

フルオロウラシルを主成分としている軟膏やクリームは、5-FU軟膏(エフディックス)があります。
フロニダクリームはそのジェネリック薬品として低価格で販売されています。
5-FU軟膏はフルオロウラシルの濃度は全体の約5%、フロニダクリームは1%の割合で配合されています。そのため敏感肌の人でも安心して使用できます。
最初はパッチテストを軽く行い配合割合の少ないフロニダクリームから使ってみて、問題なければ5-FU軟膏を使用してみるのもいいのではないでしょうか。

使用方法はフロニダクリームを1日2回ほどホクロに適量を塗布します。
気になるのが副作用ですが、使用してから1週間から2週間後に、赤みや痒みまたは痛みなどを感じ始めることが多いです。
3から4週目になれば赤みが進んでひびわれが始まります。4週間を過ぎると新しい皮膚が再生されるため、赤みが治ります。
この際に高色素沈着や、炎症などの症状が見られる人は使用を中止して医療機関に相談した方がいいでしょう。
注意事項としては、肌に敏感な人や妊娠中・授乳中の人などの使用は控えたほうがいいです。

何よりも自宅に居ながら自分で、手軽にホクロを薄くすることができるという魅力のフルオロウラシルです。
身体のいたるところにできるホクロですが、顔面にできてしまうと第一印象にも大きな影響をもたらします。
ホクロができる原因として、メラニン色素やストレスなどが大きくなります。
女性の方ならファンデーションで隠せると思うかもしれませんが、色の濃いホクロはシミと違い中々隠すのは難しいため、フルオロウラシルでホクロを薄くするのもいいかもしれません。

がんの治療にも用いられるフルオロウラシル

フルオロウラシルとは、元々美容目的のために作られたものではありません。
元々は皮膚がんや腫瘍を治療するためのものとして開発・製造されました。
それらはフルオロウラシルと似た構造を持っていたため、投与すればフルオロウラシルの代わりにDNAに取り込まれることになります。

フルオロウラシルがDNAを合成する時に必要な物質になり、がん細胞の分裂にも影響します。
そこで代わりにフルオロウラシルが入りこんでがん細胞が分裂するのを防ぎます。
そしてDNA合成に関わっている酵素なども阻害する効果があるため、がん細胞が増えるのを防ぐ効果があるためです。

厚生労働省の認可を受けている、5-FUは抗がん剤として使用されています。
5-FUを配合している医薬品は軟膏だけではありません。その他にも錠剤や注射液などもあります。
この5-FUに配合されていうR有効成分は皮膚がんだけの効果ではなく、美白効果や、ほくろなどの化学反応の阻止にも役立てることができます。
細胞の破壊をして、美白効果や美肌スキンケアなどの効果が有名になりました。
そのため美白スキンケアの薬品として、女性などに使用されるほうが多くなっています。

内容量により「5mg」のバージョンと「20mg」のチューブ入り軟膏クリームがあります。
5-FU軟膏は協和発酵キリン株式会社が開発した薬です。
フルオロウラシルは抗がん剤としての保険適用ができる軟膏になっています。
医薬品になるため、薬は100人が試してみても、100人全員に効き目が現れるわけではありません。
もともと治療目的で開発された医薬品のため、ホクロの除去やスキンケア目的で使用する前には必ずパッチテストを行い、副作用などの頻度や強さを確認してから使用するようにして下さい。