美肌というのは多くの女性が憧れるものだと思います。白くて綺麗な肌は人を惹きつける魅力があり、美白肌を得る事も維持することも非常に困難です。美白肌を目指してるあなたにぜひ知ってもらいたいのがトラネキサム酸です。美容液や化粧品にトラネキサム酸が含まれているものを選ぶだけで効果が体感できるかもしれません。これを機会に美白肌を手に入れましょう!

ニキビ跡を治すにはアダパレンがおススメ

肌がきれいな女性

アダパレンは皮膚の角化を抑える作用がある薬で、ニキビやニキビ跡の治療に用いられています。
ニキビができる原因の1つには、皮脂の分泌が過剰になることが考えられています。
それにより皮膚が角化し、毛穴が詰まりやすくなるのです。
毛穴が詰まると内部に皮脂が充満してしまいので、皮脂が酸化したり炎症を起こしてニキビが形成されていきます。
また、ニキビは何度も繰り返すことによって、ニキビ跡として肌に残ってしまうこともあります。
一度出来てしまうと自然には元に戻ることは少ないですが、アダパレンにはニキビ跡を改善する効果も期待できます。
思春期頃は皮脂の分泌が活発なので、ニキビが出来やすいとされています。
その他にも睡眠不足やストレスなどを感じたり、疲れが溜まった際などにも角質が肥厚して毛穴が詰まりやすくなってニキビが引き起こされることもあります。
アダパレンは、ビタミンA誘導体であるレチノイドと同様の作用を持っているレチノイド様外用薬です。
表皮のレチノイン酸受容体に選択的に結合することによって、表皮の角化細胞の分化を抑制する働きを持っています。
アダパレンには、角質剥離やピーリング作用、ターンオーバー促進効果があります。
角質剥離・ピーリング作用・ターンオーバー促進などの効果によって、古い角質が取り除かれ肌細胞が新しくなっていくので毛穴も詰まりにくくなります。
そのためニキビを改善する効果が期待できます。
アダパレンは、日本国内では唯一のレチノイド様作用があるニキビの治療薬です。
主に皮膚科や美容皮膚科などで用いられています。
アダパレンは塗り薬で、用法用量は症状などによって異なりますが、就寝前に1日1回ニキビがある部分に塗布するのが一般的です。
就寝前に使用することで、有効成分がしっかりと患部に作用してくれます。
また、使用する前にはきちんと洗顔して汚れや皮脂を落としておくことが重要です。
洗顔時の水分もきちんと拭き取っておくようします。

アダパレンの副作用について

アダパレンは重い副作用が出ることはほとんどないニキビ治療薬ですが、軽い副作用の症状は比較的出やすいとされています。
薬の使用を開始してから2週間程度は、皮膚が乾燥したり、皮膚に赤みが出たり、皮膚が剥けてくるといった副作用が出やすくなります。
皮膚にかゆみを感じたり、ヒリヒリとした刺激感を感じる人も多いようです。
ただしアダパレンはある程度の期間、使用を続けることで効果が出てくる治療薬になります。
即効性があるものではなく、継続しないとあまり意味がありません。
薬の効果が現れる期間には個人差がありますが、大体1か月が目安となります。
アダパレンの副作用は、薬が合わなかったから出るものとは少し違います。
薬が効いているからこそ現れる症状なので、副作用が出たからといって慌ててアダパレンの使用を中止してしまう必要はありません。
皮膚の乾燥や赤み、かゆみなどは起こりやすいものだと事前に理解しておくことが重要です。
なぜ、皮膚が乾燥するのかというと、角質の生成を抑えて角化を防ぐ作用があるからです。
角化を抑制すると毛穴の詰まりが改善されニキビは出来にくくなりますが、角質層が薄くなるので保水力は低下し乾燥しやすくなってしまいます。
肌が乾燥することで刺激を感じやすくなるので、ヒリヒリと感じてしまうこともあります。
こういった副作用の症状は、あまり重い症状になることはほとんどありません。
継続してアダパレンを使用しているうちに段々軽減していきます。
ただし、副作用の症状が辛いと感じたり、悪化してしまうような場合には早めに医師や薬剤師に相談することが重要です。
それからアダパレンは、妊娠中や妊娠している可能性がある女性には使用することができないとされています。

人気記事一覧