美肌というのは多くの女性が憧れるものだと思います。白くて綺麗な肌は人を惹きつける魅力があり、美白肌を得る事も維持することも非常に困難です。美白肌を目指してるあなたにぜひ知ってもらいたいのがトラネキサム酸です。美容液や化粧品にトラネキサム酸が含まれているものを選ぶだけで効果が体感できるかもしれません。これを機会に美白肌を手に入れましょう!

トラネキサム酸の美白効果と医薬品について

青いカプセル

多くの女性がシミやそばかすなどのない綺麗な素肌に憧れを抱いています。
けれどこれらの肌トラブルは年齢を重ねるにつれて起こりやすくなるのが普通です。
これは日焼けや摩擦、乾燥などの刺激が肌にかかり、メラニン色素の生成が活発になることが大きな理由です。
メラニン色素には肌を外からの刺激から守るという働きがありますが、大量に生成されるとシミやそばかすとなって定着する可能性があるので注意が必要です。

これをカバーするには原因となる日焼けや摩擦、乾燥を避けることに加えて、美白効果のある化粧水や美容液を利用するのがお勧めです。
美白化粧品には数多くのアイテムがあり、いろいろな美白成分が配合されていますが、その代表的なものにトラネキサム酸をあげることができます。

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の1つで、湿疹やじんましんなど医薬品などとして古くから利用されていました。
医療機関ではトランサミンとして処方されることもあり、ジェネリック医薬品もいくつかあります。
そのトラネキサム酸ですが、副次的な効果としてメラニン色素細胞の活性化を防ぐ働きがあることが分かり、2002年に厚生労働省から美白効果を認められました。

シミには肝斑や老人性色素斑、炎症後色素沈着など多くの種類がありますが、その大半がメラニン色素が肌に沈着することで起こります。
トラネキサム酸はその生成に深く関わっているプロスタグランジンなどの働きを抑えることができるので、結果としてシミやそばかすができにくい肌にすることが期待できます。
ですので美白効果を確実に得たいと思ったら、肌の黒ずみの症状が出る前に化粧水や美容液などのスキンケアで補充していくのがお勧めです。

トランシーノはトラネキサム酸を美容目的に特化させたもので、アイテムには化粧水のように水分が多いものとクリームのように油分が多いものがあります。
このうちクリーム状のほうが肌に浸透しやすいというメリットがあります。
さらにトランシーノ濃度1%から3%のものが肌馴染みが良いので、意識して選ぶようにしてみましょう。

トラネキサム酸は肝斑治療に効果的

肝斑は頬の広い範囲にできるシミの一種で、輪郭がはっきりとせずぼんやりしているのが特徴です。
そのため肌の透明感の低下や、くすみなどに繋がってくるのが厄介なポイントです。
シミをケアする方法には美容クリニックなどでレーザー治療する方法がありますが、肝斑はレーザーで治療しにくいという特徴があります。
ですがトラネキサム酸を利用することでシミを予防すると同時に、肝斑の治療にも効果が期待できるので上手に使うようにしてみましょう。

トラネキサム酸で肝斑をケアする場合は、医師や薬剤師に相談して内服薬を処方してもらうのがお勧めです。
クリームのような外服薬は、シミをピンポイントでケアしやすいというメリットがありますが、肝斑は症状が出ている範囲が広いという特徴があります。
ですので内服薬を使い、有効成分を広範囲に及ぼすことで綺麗にケアしていくことが期待できます。

トラネキサム酸の内服薬を利用したケアは、約1か月から2か月を目途に進めるようにしましょう。
一般的な肝斑なら2ヶ月ほどで改善するのが普通だからで、それ以上たってもシミが薄くならない場合は老人性色素斑や太田母斑などの可能性が高くなってきます。
ですので再び医師と相談し、適切な美白ケアにチャレンジするようにしてみましょう。

トラネキサム酸での肝斑ケアは副作用が出にくいというメリットがあります。
けれど濃度が高すぎるものを使用したり正しい使用方法を守らなければ、食欲不振や胸やけ、嘔吐などの副作用が出る場合があるので注意が必要です。
これに加えて、妊娠中や授乳中の女性が使用した場合も体に影響を及ぼす可能性があるので、利用する前に医師や薬剤師に相談することが大切です。

人気記事一覧