美肌というのは多くの女性が憧れるものだと思います。白くて綺麗な肌は人を惹きつける魅力があり、美白肌を得る事も維持することも非常に困難です。美白肌を目指してるあなたにぜひ知ってもらいたいのがトラネキサム酸です。美容液や化粧品にトラネキサム酸が含まれているものを選ぶだけで効果が体感できるかもしれません。これを機会に美白肌を手に入れましょう!

トラネキサム酸で肌荒れ予防

カプセルを持っている女性

トラネキサム酸はアミノ酸の一種であり、肌荒れや蕁麻疹などの肌トラブルに効果を発揮してくれます。
トラネキサム酸は情報伝達物質の一つであるプロスタグランジンの働きをブロックする効果がありますし、メラノサイトを抑える働きもあります。
さらに、抗炎症作用によって肌荒れを予防することができます。

メラノサイトの働きを阻害するトラネキサム酸は医療の現場でも幅広く処方されており、名前を聞いたことのある人も多いでしょう。
肌荒れの原因の一つとされているのがたんぱく質分解酵素であるプラスミンです。

プラスミンはもともと必要のない部位で血栓ができてしまうのを感知し、血管の中に不要な血栓ができないように溶かすという働きのある物質です。
トラネキサム酸にはたんぱく質分解酵素であるプラスミンの働きを阻害する効果があります。
それによって血栓が溶かされにくくなるため、血が止まりやすくなるということです。

また、プラスミンは血栓を溶かすだけでなく、炎症を誘発するという作用もあります。
トラネキサム酸を使用すればその働きを弱めることができますし、炎症やアレルギーを抑えられるということです。
トラネキサム酸にはこのような働きがあるため、肌荒れや蕁麻疹などの治療で処方されています。

トラネキサム酸を摂取することにより、血液が固まりやすくなると言われています。
しかし、化粧品などで肌から取り入れた場合、血液に入る量も少ないですし、血液が固まりやすくなるリスクは低くなるということです。
錠剤などでトラネキサム酸を摂取する場合、きちんとドクターに相談してみましょう。
基本的には化粧品から摂取した方が安全性は高いとされています。

トラネキサム酸は血液を固まりやすくする作用があるため、心筋梗塞や脳梗塞などの病気にかかっている人は摂取に注意が必要です。
副作用は比較的少ないとされていますが、人によっては嘔吐や食欲不振などの症状が発生することもあります。
妊娠中や授乳中の人はドクターの指示に従って摂取しましょう。

ホルモンバランスが崩れると肌荒れになる

生理前になると肌荒れが起こってしまうという人も多いでしょう。
肌荒れなどの肌トラブルはホルモンバランスの乱れが主な原因とされており、女性の場合は月に1回くらい肌の状態が悪くなってしまう時期があります。

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つがあり、これらのバランスが整っている状態が理想です。
この2つのホルモンが周期的に入れ替わることにより、生理周期などができているということです。

ホルモンバランスはちょっとしたことで崩れてしまいます。
まずはストレスという原因が挙げられますが、ストレスというのは睡眠不足や乱れた生活習慣などによって蓄積されていきます。
知らないうちに内臓の疲れが溜まってしまうこともありますし、体の内側から不調を引き起こすこともあるので注意しましょう。

内臓の疲れや異常が起きると肌荒れが起こりやすくなります。
胃腸の場合は消化や吸収機能が低下するため、栄養がきちんと取り込めなくなりますし、肌も栄養不足になってしまうということです。
腸内環境が悪くなると便秘になってしまうため、肌荒れの原因となる悪玉菌がどんどん増えてしまいます。

また、睡眠不足が続くと自律神経のバランスが崩れやすくなりますし、交感神経の働きが優位になってしまいます。
交感神経が優位になると男性ホルモンが活性化するため、皮脂の分泌量が増えて肌荒れが発生するということです。
さらに、成長ホルモンの分泌量が不足するため、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

男性ホルモンの分泌量が増えることもホルモンバランスが乱れてしまう原因です。
男性ホルモンは骨格や筋肉の成長などに関わっていますが、多く分泌されると女性ホルモンとのバランスが乱れてしまうため、肌荒れが発生しやすくなると言われています。

人気記事一覧