美肌というのは多くの女性が憧れるものだと思います。白くて綺麗な肌は人を惹きつける魅力があり、美白肌を得る事も維持することも非常に困難です。美白肌を目指してるあなたにぜひ知ってもらいたいのがトラネキサム酸です。美容液や化粧品にトラネキサム酸が含まれているものを選ぶだけで効果が体感できるかもしれません。これを機会に美白肌を手に入れましょう!

シミやシワを目立たなくするにはトレチノイン

トレチノインはビタミンAの100倍以上の活性力があるとされるビタミンA誘導体のことです。
肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを促進することができますし、色素沈着によるシミやシワ、毛穴の開きなどといった肌トラブルを改善する効果が期待できます。

アメリカではシミやシワの治療薬として認可されていますが、日本ではまだ認可されていないということです。
そのため皮膚科などで処方してもらう際に保険が適用されません。
保険が適用されないと聞くと料金が不安になる人もいるでしょう。
個人輸入を利用すれば安く手に入れることができますが、品質が悪いことなどもあるので皮膚科などで処方してもらった方が安心です。
皮膚科では使用方法や副作用のリスクについても詳しく聞くことができるでしょう。

肌にはターンオーバーという生まれ変わりのサイクルがあります。
トレチノインを利用することでターンオーバーを促進することができるため、シミの原因となるメラニン色素を浮き上がらせることができますし、排出を促してくれるということです。
それによって美白効果が期待できるでしょう。

また、コラーゲンやヒアルロン酸を増やすという働きがあるため、肌にハリを与えてシワを改善する効果も期待できます。
さらに、老化や肌トラブルの原因となる活性酸素を抑えるという効果もあるため、美肌を保ちたい人におすすめの薬となっています。

トレチノインは使い続けると耐性ができてしまうため、長期間使用することはできません。
トレチノインにはさまざまな濃度のものがありますが、濃度の高いものほど効果が出やすくなっています。
しかし、濃度の高いものは副作用のリスクも高まると知っておきましょう。
初めて使用する場合や肌が弱い場合、敏感肌の場合などは0.025%から始めた方が良いかもしれません。

トレチノインは0.1%でもシミやシワに対して高い効果が期待できます。
人によってはこの濃度でも赤みや乾燥などといった副作用が発生することもあります。
0.05%はシミの治療に向いていますが、体質や塗る場所によっては作用が強く出ることがあるでしょう。

ハイドロキノンとトレチノインを併用すると効果アップ

ビタミンA誘導体のトレチノインには、シミを薄くして目立ちにくくするという効果があります。
しかし、トレチノインだけではなかなか肌に浸透しないため、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンと併用することが多いです。
2つを併用することにより、効率よく成分を肌の奥まで届けられるようになります。

ビタミンA誘導体のトレチノインは基本的に皮膚科でしか扱うことができません。
一般化粧品に配合されるケースもありますが、皮膚科など医療機関で処方されるものよりも成分の濃度は低くなるということです。
そのため市販の化粧品を使ってもシミを消すことは難しいでしょう。

ハイドロキノンには高い美白効果が期待できます。
他の美白成分の約100倍の効果があると言われており、肌の漂白剤と呼ばれることもあります。
シミで悩んでおり、確実に消したいと考えている人におすすめの成分です。
ハイドロキノンはシミを予防するだけでなく、既にできてしまったシミを薄くする効果もあります。

トレチノインには、古い角質をはがして、肌の生まれ変わりを促進する働きがあり、ハイドロキノンにはメラノサイトの働きを抑制するという作用があります。
メラノサイトの働きが抑制されることにより、新しいメラニン色素が生成されるのを防ぐことができるでしょう。
皮膚科ではこの2つの働きを合わせた治療を行うことにより、さらに美肌効果を高めているということです。

ハイドロキノンとトレチノインを併用した場合、シミの治療には8~12週間かかることが多いです。
しかし、シミの種類や大きさによっても異なってきますし、カウンセリングの時にきちんと相談しておくと良いでしょう。
一度肌の休息期間を設けてから治療を再開することもあります。